ブルーの類語辞典

ここ数年で一番多くページをめくったのは
講談社発行の「類語大辞典」。

ネットで気軽に調べられる時代ですが、
分厚いこの辞典に手が伸びます。
簡易な言葉の意味も載っているので
ボキャブラリーの少ない私の味方。
誰かに何かを伝えたいとき、
しっくりくる言葉を探して、
何度も何度も開きました。

この類語辞典は
「生きる」から始まります。
その後に、助かる、生かす、暮らす、
助ける、死ぬと続いていきます。
そして、最後は「すべて」で締めくくられ
最後の言葉は、全宇宙となっています。
a0185748_16133129.jpg

辞典ケースは青色をしています。
濃いブルーの色について
編者の柴田武さんは見開きの頁
「この辞典を世に送り出すにあたって」
で記しています。

『 これは、宇宙の色であり、海の色である。
今後、意味分析が宇宙のように
果てしなく広がり、
新語採集や例文・構成など海のように
深まることを夢見たい。
  』

生きるから始まって全宇宙で終わる辞典。
とても身近でちょっと主張のあるように思うのです。
また、作り手の想いも含まれています。

批判本もありましたが、私には
学ぶ時の友だち、表現する時の助っ人です。
書きものをする際は膝の上が定位置になっています。

ブルーの類語辞典は、
これからも長くお世話になりそうです。



「類語大辞典」
編者:柴田武、山田進 発行所:株式会社講談社
[PR]
by smile-sweet | 2012-07-01 22:00 | 日日是好日


口の端が上がるのが好き。


by smile-sweet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
FLOWER
日日是好日
FOOD
ART
CINEMA
鎌倉
京都
名古屋
小物作り
未分類

記事ランキング

最新の記事

甘い香り
at 2013-05-10 23:00
名曲のたのしみ
at 2012-12-30 23:00
レ・ミゼラブル
at 2012-12-24 00:00
寒い日のスコーン
at 2012-12-04 22:00
紅葉が終わりますね
at 2012-11-30 22:00
写経
at 2012-11-12 17:00
菊花
at 2012-11-06 16:30
十三夜のお月さま
at 2012-10-30 09:00
リンゴのワイン煮
at 2012-10-24 23:30
星への階段
at 2012-08-22 22:30

ライフログ


Lalique (Shire Collections)


Audrey Hepburn, An Elegant Spirit: A Son Remembers


フラーがぼくたちに話したこと


ヴェルレーヌ詩集 (新潮文庫)


街の中に四季をつくる ポール・スミザーのパブリックガーデン

フォロー中のブログ

花だより
生きる詩
gyuのバルセロナ便り ...
Bravo! Birds
日刊ギリシャ檸檬の森 古...
ニューヨークの田舎より
ばーさんがじーさんに作る食卓
hana* blog
ヴェネツィア ときどき ...
Lush Life
カンヌで非セレブ生活
はな日和
パンでできたドア
バンクーバー パティシエ...
丘の上から通信
カザルパロッコのネコ(C...
ビーズ・フェルト刺繍Pi...
バンコク mellow ...
六花のしずく
ぶうたらママは花が好き 

エキサイト以外のお気に入り

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

その他のジャンル

画像一覧